自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経とは?

私たちの身体には、自分の意志で動かせる部分と、動かせない部分があります。例えば手や足は、何かの病気やケガがない限りは自分の意志で自由に動かすことができます。一方、心臓の動きや胃腸の働きを自分の意志でコントロールすることはできません。

そのように、自分の意志では動かせないけれど、生命活動に関わる重大な部分の働き、これを自然にコントロールしてくれているのが自律神経なのです。

自律神経は、私たちの意識や状態とは関係なく24時間休まず働き続けてくれています。そのおかげで睡眠中も心拍や呼吸が止まることはなく、消化器官は栄養を分解して体に蓄え、日々の活動に必要な準備を整えながら過ごすことができています。

体温調節や体内湿度調節を行うのも自律神経の仕事の一つです。そのための発汗、血管の収縮、血液量の変化なども自律神経が調整しているので、それが乱れると必要以上の汗が出たり、反対に汗をかけなくなったり、冷えやのぼせ、ドライアイやドライマウスなどの症状がおこるようになるのです。

そのような自動的な働きを持つ自律神経は、生きるためには絶対に欠かせない非常に重要な存在で、この働きのバランスが乱れれば、様々な不調がおこるようになってしまうのです。

自律神経は視床という機関によってコントロールされています。
さまざまな感覚神経を中継して、視覚、聴覚などの感覚情報を大脳皮質に伝える機関です。

その視床の下部に『視床下部』という部位があります。この部位が生命活動にとって非常に大切
な呼吸数、血圧、心拍数、消化液分泌調節に加えて、体温調節中枢(温熱中枢、寒冷中枢)、摂食調節
中枢(満腹中枢、空腹中枢)、飲水調節中枢、情動行動中枢のような多くの自律神経機能の高位中枢と
なっています。

つまり自律神経失調症になってしまうとこれらの中枢に影響を及ぼし障害されてしまう可能性があります。
 

自律神経失調症とは?

自律神経失調症とは
自律神経失調症という病名は実際には存在しません。
自律神経が乱れて辛い状態のことを言います。つまり「症状」というより「状態」のことを示しているのです。
自律神経失調による症状は人によりさまざまで、症状が特定できないことが特徴です。

先に述べた中枢の一つに『情動中枢』というものが存在します。
これは人の感情を司る中枢で、自律神経の中枢と隣接して存在します。
つまり…自律神経の乱れは感情の乱れを引き起こし、感情の乱れは自律神経の乱れを引き起こしてしまうのです。
気分が悪かったり、やる気が起きなかったりするのも自律神経が関係してきます。

少しでも心当たりのある方はもしかしたら自律神経も乱れているかもしれません。

先に述べた中枢の一つに『情動中枢』というものが存在します。
これは人の感情を司る中枢で、自律神経の中枢と隣接して存在します。
つまり…自律神経の乱れは感情の乱れを引き起こし、感情の乱れは自律神経の乱れを引き起こしてしまうのです。
気分が悪かったり、やる気が起きなかったりするのも自律神経が関係してきます。

少しでも心当たりのある方はもしかしたら自律神経も乱れているかもしれません。
 

自律神経の治療

当院では自律神経の治療に立体動態波(3D療法)を導入しております。
三次元空間にそれぞれが異なった方向に流れる3つの周波によって中周波が重なり合い、その結果生じる動態干渉効果によって生み出される電流を立体動態波と呼びます。従来届きにくかった深部への刺激を可能にしたことで、トレーニングや鎮痛などに優れた効果を発揮し多彩で効果的な最新治療が、この一台で行うことができます。筋肉・靭帯・神経に対するリラックス効果、血行促進を働きかけ筋肉トレーニングとしても使える画期的な刺激療法です。
この機械を使って行うのが東大で生まれ『奇跡の療法』と呼ばれた脊髄通電法を応用した当院オリジナルの施術です。

自律神経失調症状には効果は絶大で、“実際に3回の施術で夜に寝れずに無駄に夜中の2時までテレビを見ていた方が12時には就寝し、朝の8時まで熟睡できるようになったり”、“一日1~2回しかトイレに行っていなかった方が3時間に1回のペースでトイレに行くようになったり”、“足の冷えが一回で温かくなったり”とすごい変化を皆さん実感されています。

気になる方は是非一度はしもと接骨院までご連絡ください。
 

Follow me!

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長