坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、様々な原因により坐骨神経が刺激されることにより発生する神経痛です。下半身にしびれや痛みが生じるのが特徴的で、片側だけの痛み、つま先まで広がる痛みが出ることもあります。歩いているとお尻の下の方から足の方にかけて痛むという方は坐骨神経痛を疑いましょう。

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経が何らかの原因で圧迫されることにより、下半身にしびれや痛みを発する症状のことをいいます。神経は紙の厚さ程度のわずかな圧迫でも神経痛を発生させます。

人間の身体には、様々なところで奇跡的なスペースを縫って神経や血管などが通っています。神経の痛みは大きく分けて2つあります。

①筋肉の圧迫による痛み・しびれ

②血行障害による痛み・しびれ

姿勢の不良や、過度な筋肉の緊張などは坐骨神経痛を発生させる大きな原因につながります。

筋肉の緊張や姿勢の不良を治すことで、坐骨神経痛の症状は軽減していきます。

 

坐骨神経痛の改善方法(ワンポイントアドバイス)

坐骨神経痛はお尻の筋肉の緊張が強いことで神経が圧迫されていることが良くあります。

当院ではテニスボールを使った簡単なストレッチを患者様にご指導させていただき、ご自宅でケアを行っていただくことがあります。原因がそこにあればその体操だけでもかなり症状が軽減します。

また、筋緊張が原因になることが多くあるのでお尻を冷やさないようにするのもおおきなポイントとなります。お尻はとても冷えやすいのでお尻が冷えている方は要注意です。

まずはご自身の身体を知ることから始めましょう!

そのためには国家資格を持ったプロの目から評価してもらい、悪い習慣の理解と改善が必要ですので一度ご相談ください。

→→坐骨神経痛の痛みは当院の羽田野式ハイボルト楽トレをお試しください。

Follow me!

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長