『腰椎ヘルニア』と『腰椎すべり症』のちがいって何?

こんにちは!小林です

 

『腰椎ヘルニア』と『腰椎すべり症』のちがいは皆さんご存知でしょうか?

どちらも腰のケガなのですが意外とその違いを知っている方は少ないと思います。

そんな2つのケガについて簡単に解説していきます!

腰椎ヘルニアとは

正式名称は『腰椎椎間板ヘルニア』といいます。

長い間腰痛を持っている方はこの『ヘルニア』と診断されたことがある方も多いのではないでしょうか?

ヘルニアという言葉には“飛び出す”という意味合いがあります。

なのでヘルニアは腰椎だけでなく、脱腸などの中から何かが飛び出るものに使用される名称なんです。(ちなみに腸の場合、腸ヘルニアといいます)

したがって、腰椎ヘルニアというのは腰椎の間にある椎間板というクッション材が潰れて中にあるゼリー状の緩衝材が飛び出てしまうことをいうのです。

時にその飛び出た緩衝材が神経を刺激してしまうと腰痛や坐骨神経痛といった症状が出てしまいます。

発生比率は『男性:女性=2~3:1』の割合で男性に多いケガといえるでしょう。

また好発年齢は20~40代で幅広い年代で発生するという統計も出ています。

腰椎すべり症とは

大きくは腰椎の変性によって起こる『変性すべり症』と、腰椎分離症に続いて起こる『分離すべり症』に分けられます。

変性すべり症では、少しの距離なら歩けるのですが、一定の距離を歩くとお尻や足の方に痛みがでてきて歩けなくなります。少し休むとまた歩けるようになります。

これを間欠性跛行(かんけつせいはこう)といいます。

歩ける距離は人によって全然違うので一概には言えませんが、腰痛は比較的少ないとされています。

分離すべり症では、腰痛が主な症状になります。

腰を反ったりした時に腰痛、下肢のシビレ、大腿部の痛みを感じることが多くあり、運動をする子供の発症が多いとされています。

分離というだけあってこの症状では骨が分離(骨折)することで腰椎がずれてしまうため、ひどい場合はオペをすることもありますが、多くは安静にしておけば軽快するとされています。

 

変性すべり症は中年以降の女性に、分離すべり症はスポーツをする学生に多いとされています。

ヘルニア、すべり症になりやすい人の特徴

ヘルニアも、すべり症もどちらも背骨にかかる圧力が上がってしまったり、くりかえしの動作を加えることで発症してしまいます。

意外とその原因として知られていないのが『座る姿勢』です。

実は不良姿勢で座りっぱなしが一番背骨に圧力がかかり、ヘルニアなどのケガになりやすいとされています。

下記図は立っている時を100とした時にそれぞれの姿勢でかかる椎間板の圧力を数字で表したものです。

座って不良姿勢をしているのが275にもなっています。

パソコン作業や、子供のゲームなどがこれにあたります。

また、ついうたた寝をしてしまった時も座って寝ていると上記のようなストレスがかかってしまうため起きたときに腰が痛い可能性が非常に高くなってしまいます。

外出自粛をしているこんな時だからこそ少しでいいので姿勢に目を向けてみてください。

適度な運動も工夫すればお家で出来るので座りっぱなしの状況は改善していけるといいかと思います。

 

いかがだったでしょうか?

意外と知っているとためになる情報かと思います。

是非周りの方にもシェアをしてあげてください。

みんなでコロナを安全に、健康に乗り切っていきましょう!

 

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長

【相模原市・痛み治療に特化した“はしもと接骨院相模原院”交通事故もお任せください。】