【ドケルバン病】って知ってますか?

こんにちは!小林です。

皆さま【ドケルバン病】って聞いたことありますか?

簡単に言うといわゆる腱鞘炎のことをいいます。
昔だとよく職業病として手先を使う仕事の方に多かったのですが、昨今スマホやパソコンの普及により一般の方でも罹患することが多くなってきています。

それは腱鞘炎ではないかも?

実際に手首の親指側が力を入れると痛い、物を握ると親指の付け根が痛いという症状はドケルバン病を疑う要因にもなるのですが、実際にそうなのか?というとドケルバン病ではないケースも多くあります。
頸部や腕の方の筋肉の緊張から神経圧迫を起こしたことによる神経放散痛である可能性もあるのです。

どんなに手首の治療をしても痛みが治まらない!という方は一度頸部や上腕部の神経圧迫にアプローチした治療を試してみてください。
当院も原因のわからない痛みの原因を見つけることが得意なのでそういったお悩みの方は是非一度ご来院ください!
お待ちしております!
説明をする女性施術者

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長