【白ごま】と【黒ごま】の違い

白ごまと黒ゴマ
こんにちは!小林です

今回は健康にはとてもいいとされている『ごま』についてです。

以前ご紹介した朝食でも毎日私は食べています!

そんなごまですが

皆さま『白ごま』と『黒ごま』の違いはご存知でしょうか?

そんなごまの豆知識と共にごまの栄養についてお話します!

【白ごまと黒ごまの違い】

答えからいってしまうとこの二つには明白な違いは『ない』といっても過言ではありません。

白・黒で含まれる栄養成分の量に若干の違いはあっても栄養成分はほとんど同じです。

成分の約50%は脂質で、約20%がたんぱく質、約20%弱が炭水化物になっています。

脂質に含まれる脂肪酸は人体では合成できない必須脂肪酸で、リノール酸、オレイン酸(こちらは体内でも合成できる)が非常に多く、それぞれオメガ6系脂肪酸とオメガ9系脂肪酸に分類されます。

リノール酸【オメガ6系脂肪酸】:血中コレステロール値を下げる、発ガン予防、ダイエット効果

オレイン酸【オメガ9系脂肪酸】:悪玉コレステロール濃度を下げる、発ガン予防、心疾患や脳疾患予防、糖尿病予防

それ以外の違いとしては、

白ごまは黒ごまに比べてやや脂質が多い特徴があります。

黒ごまの黒い色にはブルーベリーと同じ、アントシアニンというポリフェノール色素や不溶性食物繊維の一種であるリグニンが含まれているため抗酸化作用、抗アレルギー作用、殺菌作用、高血圧・動脈硬化予防、ガン予防などに効果的とされています。
また、種皮の割合が多く、そのぶんカルシウムなどが多く含まれているとされますが、皮が堅いので、すって食べるのが一般的です。

 

上記の特徴から『すった黒ごま』が一番栄養価が高いと言えるでしょう。

摂り過ぎも良くないですが、日常的に取り入れていけると生活習慣病予防にもつながってくると思います。

是非皆さんも日常的に黒ごまを摂取してみてください!

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長

【相模原市・痛み治療に特化した“はしもと接骨院相模原院”交通事故もお任せください。】