あさイチで腰が痛いのはなぜ?

こんにちは!小林です(^^♪

さて、最近いろんな寝具が発売されており何が身体に合っているのかわからない!という方も多いのではないでしょうか。
いろんなものに変えても朝起きると必ず腰が痛い!という声もたくさんお聞きします。
そこで今日はなぜ朝腰が痛くなるのか、どうしたら防げるのかを簡単にお伝えしていきます!

なぜ腰が痛くなるのか?

睡眠は一日の中でも多く同じ体勢を維持しなくてはならず正しい寝方をしないと身体のいたるところに負担をかけてしまいます。
今回は腰についてです。
腰の痛みの多くは腰椎から出ている神経が関係している場合があります。
その多くが「仰向け」で寝ていることにより障害を受けることで痛みに繋がることがあるのです。

人間の臀部は横から見ると背中よりも後ろに隆起しています。
そのまま仰向けになってしまうと臀部が寝床に押し返されることで腰を反る形になってしまいます。
それにより腰痛の多くに関係する「腸腰筋」などに伸張ストレスがかかることで腰の神経を圧迫してしまうのが寝起き腰痛の主な原因と考えいます。

あさイチ腰痛を防ぐには

まず寝方を見直しましょう。
腰痛持ちの方で、「あ!仰向けで寝ていた」という方は要注意です。
当院では横向寝を推奨しております。

横向の寝方☆推奨☆

腰痛の際の横向きの寝方

・マクラは肩幅くらいまで高くします。(10~13㎝ほど)
・足の間にこぶし大のクッションなどを挟みます。

たったこれだけです!非常に簡単なのでお試しください。
詳しくはyoutubeにてご紹介していますので是非ご覧ください!(横向寝方→動画はこちら!)

仰向け寝方

どうしても横では寝られない方へ
腰痛のある方の仰向けでやってはいけないのが足をピーンと伸ばして寝ることです。
ではどうしたらいいかというと

腰痛の際の仰向けの寝方

・膝を曲げて膝の下にクッションなどを挟み、膝を曲げた状態で寝る
・マクラは少し顎を引く程度で高すぎないようにする

以上です!こちらも簡単ですが膝を曲げていると寝ずらい方もいらっしゃるのでひざ下に入れるクッションは大きめのものをおすすめいたします。(丸めた布団など)

上記のやり方でしっかり寝れない場合

それでもうまく寝られない!という方は寝る前にしっかり痛みの原因となる筋肉をストレッチしてから寝てみましょう。
ストレッチ方法は文章だとお伝えしにくいので是非動画をご覧ください!(→動画はこちら!)

ゆっくりお風呂に入った後がおすすめです!
痛みのない朝を迎えられることをお祈りしております!

もし詳しく話を聞いてみたい!やってみたけど痛いまま!という方ははしもと接骨院までご連絡をお願いいたします!

スタッフ一同お待ちしております。

Follow me!