その症状もしかして『スマホ首』かも

うつむくようにスマホを操作する女性

こんにちは!小林です

皆さま最近『首・肩』痛み出ていないですか?

スマホが普及してから首・肩に症状を訴える方が増えているようです。

原因はスマホを見る『姿勢』にあります。

スマホ首になってしまうとこのような症状が出てきます。

・肩こり

・背中の痛み、コリ感、ハリ感

・頭痛、めまい、吐き気

・手指のしびれ

・不眠症

・ストレートネック

少しでも当てはまる方は要注意です。

この中でもストレートネックは特に注意が必要です。

ではストレートネックとはどんなものなのでしょうか。

背中を丸くして座っていたり、姿勢を悪くしていると頭は前に傾きます。

頭は成人で約5㎏ほど。

その頭が前に15度以上傾くとその重さの4~5倍、つまり20~25㎏ほどの重力が頭を支えている首にかかってくるのです!

ボーリング球を傾けて持っていると手首が痛くなるのと一緒ですね…

ただ、首の筋肉は意外と強いのでその重さに耐えられてしまいます。

その状態が長く続くと首の湾曲がだんだんなくなり、頭の重さがダイレクトに肩にのしかかってきてしまうのです。

それがいわゆるストレートネックといわれる症状です。

ではどのように改善したらいいのでしょうか?

スマホ首解消法

当院では基本的に姿勢改善を軸としたストレッチをおすすめしています。

①骨盤を支える『腸腰筋』のストレッチ☆重要

・別名ランジストレッチと言って足を前後に開いた状態で後ろに伸ばした足側の腸腰筋を伸ばすストレッチです。

詳細はこちらへ↓

②僧帽筋・肩甲挙筋ストレッチ

背中から首にかけて張っている大きな筋肉で、首を横と後ろで支える重要な筋肉です。座ったりした状態でも簡単に出来るので覚えておくと👍!

詳細はこちら↓

③胸鎖乳突筋ストレッチ

良く名前を聞くという方もいらっしゃると思いますが、交通事故などでも傷めてしまいがちな首の横にある頭を支えている筋肉です。

この筋肉も首が前に出ていると負担がかかっている筋肉でめまいや、頭痛を起こしてしまうケースもしばしば…

しっかりケアしましょう!

詳細はこちら↓

スマホもうまく使えばすごく便利な道具です。

自分の身体としっかり向き合い、無理のない使い方をしていきましょうね!

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長

【相模原市・痛み治療に特化した“はしもと接骨院相模原院”交通事故もお任せください。】