ちょい足し具材で免疫アップ!

こんにちは!小林です

先日お味噌汁のお話をしました。

今回はそんなお味噌汁にちょい足しすると効果のある食材と効果をお伝えします!

ちょい足しだけで変わる『健康食』

それでは1つづつ見ていきましょう!

①ショウガ×キノコ

ショウガには【発汗作用】【血流促進作用】【殺菌作用】があり、身体の表面のバリア力を高めてくれるものとして漢方にも使われています。

身体を保温する効果もあるのでこれからエアコン冷えする季節にちょうどいいですね!

すりおろして適量ちょい足ししてみてください!

キノコにはβグリカンという成分が含まれます。これは食物繊維の一種で腸内の免疫細胞に作用し、身体全体の免疫力を高めてくれます。

その他にも大麦、オーツ麦、昆布類にも多く含まれます。

特にβグリカンの含有量が多いものとしては『マイタケ』『ブナピー』『エリンギ』『ブナシメジ』『霜降りヒラタケ』が上げられます。

②山芋×梅干し

免疫をつかさどる【リンパ球の活性化】【T細胞の活性化】【B細胞の活性化】【殺菌作用】の効果が見込めます。

また、山芋は野菜の中でもタンパク質の多い食材の一つです。栄養価も高く、すり下ろしてとろろとして掛けてもいいかもしれませんね!

梅干しは言わずと知れた殺菌作用が強い食材です。腐食防止でお弁当にも良く入っています。

なかなかお味噌汁としては異例の組み合わせかもしれませんがおすすめです

③ネギと油揚げ

組み合わせとしては王道ですね!

【血行促進作用】【疲労物質である乳酸の分解】が見込めます。

ネギに含まれる硫化アリルには高血圧の防止や、発汗による血行促進効果があります。また、βカロテンというネギの粘り気のある成分には免疫を上げる効果があるといいますので緑の葉の部分まで使うようにしましょう!

油揚げは大豆製品のためダイエットにも非常に効果的です。

ただ、油揚げは油抜きをしてあげないとなかなか高カロリーなんです…

ゆでるかお湯をかけるかして油を抜いてからご利用くださいね!

④納豆×ニラ×キムチ

これまた王道な組み合わせですね!

これらは【整腸作用】【解毒作用】【疲労回復】【免疫力アップ】といった効果が見込めます。

発酵食品はたくさん食べ過ぎも良くないですが毎日摂ることが免疫力アップには重要です。

納豆菌は食べてから4時間くらいで働き始めるので夜の摂取が一番効果的といわれています。

手軽に入れるだけなのでぜひおすすめしたい組み合わせです!

若干キムチ鍋のような味になりますね

 

いかがだったでしょうか?

手軽でなんにでも使えるのでぜひこの機会にちょい足しスキルを覚えて活用してみてください!

 

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長

【相模原市・痛み治療に特化した“はしもと接骨院相模原院”交通事故もお任せください。】