エナジ―ドリンクってホントに効くの?

こんにちは!小林です

 

皆さまエナジードリンクといえば何を思い浮かべるでしょうか。

最近は様々な種類のエナジードリンクが販売されています。

それだけエナジーを必要としている人が増えているということでしょうか…

 

さて、そんなエナジードリンクですが実際に皆様の期待しているような効果が得られるのでしょうか?

カフェインが豊富だから危険という声もあります。

そんなエナジードリンクについてみていきましょう!

エナジードリンクとは

エナジードリンクとはそもそも何なのか。

栄養ドリンクと思っている方もいると思いますが、実は別物なんです。

栄養ドリンクは『医薬品』として取り扱われていますが、

エナジードリンクはコーラや炭酸ジュースと同じ『清涼飲料水』なんです。

つまり医学的な効果は謳えない商品ということになります。

海外のエナジードリンクには合成タウリンという成分が含まれているのですが、この成分が含まれていると日本では医薬品として登録しなくてはならなくなるため、日本製のエナジードリンクには合成タウリンが含まれていないそうです。

では清涼飲料水だからただのジュースなんじゃ…と思いますよね?

安心してください。

しっかり効果があるんです!

エナジードリンクの効果

エナジードリンクの中に含まれている栄養素を出してみるとざっとこんな感じです。

アルギニン
カフェイン
ビタミンB2
ナイアシン
パントテン酸
ビタミンB6
ビタミンB12

それぞれどんな効果があるのか成分別にみていきましょう。

カフェイン 脳神経を興奮させることで眠気を防ぎ疲労感を解消させる役割があります。また、脂肪を分解する酵素の活性を助ける作用もあり、運動前にも効果的です。
アルギニン 母乳にも入っている栄養素で、子供の成長期に必要な必須アミノ酸の一種です。成長ホルモンの分泌を促すことで筋力の状況に効果があったり、免疫機能向上、生殖機能向上、血行改善にも効果的といわれています。
ビタミンB2、B6、B12

パントテン酸(ビタミンB5)、ナイアシン(ビタミンB3)

炭水化物や脂肪を代謝し、効率よくエネルギーとして利用するサポートをしてくれます。

エナジードリンクが身体に悪いってホント?

特に皆さんが気にされるのが『カフェイン』についてだと思います。

カフェインの取り過ぎというのはやはり体にはよくありません。

成人の場合、カフェイン摂取量が『1時間以内に体重1kgあたり6.5mg以上摂取すると危険』とされています。

市販のエナジードリンク100mlに約32mgほどカフェインが含まれているので、

体重60kgの人だと390mgを1時間のうちに摂取しなければ危険値までは達しない計算になります。

それでも飲んだとしても1日1~2本に抑えておくのが理想でしょう。

 

ちなみに!

カフェインだけみると実はお茶やコーヒーの方がはるかに多く入っているんです!

100mlあたりで計算すると、コーヒーが60mg、お茶は煎茶だと20mgほど、玉露になるとなんと160mgも入っているそうです

エナジードリンクがかわいく見えてきましたね💦

これらの飲み物も飲み過ぎには注意が必要です。

カフェインを摂取し過ぎるとどうなるか

過剰摂取は身体に悪影響を及ぼします。

主な症状としては、

(1)胃痛の誘発

(2)貧血

(3)睡眠の質の低下

(4)自律神経の乱れ

これらの症状は逆に身体を疲弊させてしまうことに繋がります。

一時的に摂取するのはいいですが常用するのは控えた方がいいでしょう。

人によってはコーヒーの飲み過ぎという方の方が多いのかもしれませんね。

 

いかがだったでしょうか?

エナジードリンクも要領を守って効果効能を理解したうえで使用するなら非常に有効なものかと思います。

有効に活用して元気に日常を送っていきましょう!

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長

【相模原市・痛み治療に特化した“はしもと接骨院相模原院”交通事故もお任せください。】