不要不急の外出に気を付けて【お風呂編】

こんにちは!小林です

 

皆さま暖かくなってきましたがお風呂には入っていますか??

お風呂はすごくいい健康グッズです。

そんなお風呂の効果をご紹介します!

 

お風呂の驚くべき効果

①疲労回復

皆さまご存知の通り疲労回復効果があります!血の巡りが良くなることで筋肉が柔らかくなり全身に血流が回ることで、血流にのって酸素が身体中に行きわたり、疲労物質などの老廃物質を身体の中から洗い流してくれます。

また浮力効果により全身にかかる重力が約10分の1くらいになると言われている為、重力から解放されたリラックス感からも疲労回復が望むことができます。これはシャワーだけでは効果がありませんので是非湯船につかる習慣をつけましょう。

②睡眠が深くなる

睡眠には深部体温というものが深くかかわってきます。この深部体温が高まった状態から下がっていくときに人は眠気を感じるようにできています。その深部温度を上げるのには入浴が一番効果的です。

睡眠の約1~2時間前がベストといわれています。約40度くらいの温度の湯船にゆっくりとつかって身体を癒しましょう。

ただ42度を超える温度だと逆に交感神経が興奮してしまうので睡眠を邪魔してしまう可能性があります。

適切な温度で入浴をしてください!

③浮腫み・冷え性改善

お風呂に入るとつい「ふぅ~」と息をつきたくなるものです。

これは身体に水圧がかかっている証拠で酸素が肺から押し出されることで息が出てしまうのです。水圧がかかることで身体全体にマッサージ効果が生まれることで身体の中の滞った血流も良くなり、心臓に戻っていくためむくみや冷え性も改善できるんです!

④免疫力強化

お風呂に入ることで血流がよくなり、身体の温度が上がります。体温が1℃下がると免疫力が約40%落ちると言われているくらい体温は免疫力に関係してくるんです。

身体を冷やさないためにもしっかりお風呂に入りましょう。

⑤デトックス効果

お風呂に入っていると身体が温かくなってきて汗をかきます。

汗をかくことで身体の中で溜まっていた老廃物質が放出されてお風呂から上がった時にはスカッとした爽快感が味わえます。

ササっと入って出てしまってはこのようなデトックス効果は見込めませんので上記の通り40度くらいの温度で20~30分くらいゆっくりつかれるとベストですね!

 

いかがだったでしょうか?

知ってはいるけどあまり意識していなかったこともあったかもしれません。

ぜひもう一度お風呂を見直していただき、最近ゆっくり使っていなかったなと思う方はゆっくり入る時間を作ってみてください。

外出を自粛されている今だからこそ免疫力を上げるチャンスです!

坐骨神経痛などがある方はお風呂に長時間入ったりするのは危険もあるのでご注意ください。

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長

【相模原市・痛み治療に特化した“はしもと接骨院相模原院”交通事故もお任せください。】