交通事故が増えています!

こんにちは!小林です!

急に熱くなってきました!💦

皆さん体調の変化に気を付けてくださいね。

特に夜中なども気温が下がらないと寝ている間に汗をかき脱水症状になることも…

朝方足をつってしまったりのどがカラカラの方は要注意です!

必ず枕元に水分補給できるものを置いておくようにしてください

 

さて、暑くなってきたせいなのか最近交通事故が多く見られます。

皆さんの身の回りで交通事故に遭われている方はいらっしゃいませんか?

『私は大丈夫!』が一番危険ですよ!

今日はもう一度交通事故に遭ってしまった時にどうしたらいいのか復習しましょう!

もしも交通事故に遭ってしまったら…

1.警察に連絡する

まずは警察に連絡をしましょう!

どんなに些細な交通事故でも警察を呼ぶことが最優先です。

特にケガがなかったから本人同士の話だけしておしまい、では後々トラブルになることが非常に多いです

警察を呼んでおかないと後から首が痛い、腰が痛いといった症状が出てきたときに保険を使って治療をすることができなくなってしまいます。

また、もし自分が交通事故を起こしてしまって相手が軽傷だった時に相手が大丈夫といったからといって警察を呼んでおかないと、あとから相手に症状が出たときに結果として『ひき逃げ』をしてしまった形になってしまうことも…

どんなケースの事故であっても警察を呼んで対応してもらいましょう。

2.安全確保

意外と忘れがち?というより混乱して忘れがちなのが身の安全を守ること!

車が動くなら安全な場所へ移動させる、けが人がいるなら安全な場所で安静にさせるなどなど警察の到着を待つ間に二次災害が起きないよう心がけましょう。

もし意識がなかったりケガをしているようなら下の図のような安静体位を取らせて救急車を呼びましょう。

3.相手の連絡先を必ず確認。事故状況を写真などで保存する。目撃者を探す。

必ず相手の連絡先を確認し、メモを取りましょう。

もしくは相手が名刺を持っていたら名刺をもらっておきましょう。

当院スタッフが交通事故に遭ってしまった時に起こってしまったのですが、連絡先を交換する前に車に乗って逃げてしまうような卑劣な人も中にはいるというのが現実です。

お互いがしっかり責任をもって連絡先を交換しましょう。

また、事故の状況を保存しておくと後で見返したときに何かと役に立つ場合があるので自分の車両や、道路状況、相手の車の破損状況など写真に残しておくといいでしょう。

それと同時に周りでもし見ていた方がいればその方にお願いして連絡先を交換しておきましょう。

あとあともめたときに目撃者の方の証言があれば有利に話ができる場合があります。

4.保険会社に連絡を!

交通事故に遭ってしまった時はなるべく早めに保険会社にも連絡をしておきましょう。

基本的に加害者側の自賠責保険を使用して治療を行うことになります。

もし自分が被害者で加害者の方が連絡をしていないようであればしっかりその場で連絡をしてもらいましょう。

その場の対処や今後の流れなども親身になって聞いてくれるはずなので自分の加入している保険会社にも連絡をしておきましょう。

5.病院or接骨院へ

救急搬送が必要なほどの大怪我であればそのまま病院へ行きましょう。

病院は交通事故発生から1週間以内に受診し、必ず診断書を出してもらいましょう。

診断書は警察署や保険会社でも必要な書類になります。

当院では病院の受信だけでなく接骨院の併用をおすすめしています。

病院ではレントゲンや薬の処方などをして頂くことができますが、なかなか筋肉にアプローチした治療をしているところはないと思います。

交通事故で大きく損傷するのは筋肉です。

入院するほどではないムチウチや腰痛などは専門である接骨院での通院を推奨します。

また、継続的な通院でも同日でなければ病院と接骨院は併用して通院が可能なので一番自分に合った通い方をしましょう。

 

いかがでしょうか?

ここまで普段意識しないと忘れてしまうようなことなのでぜひ何回も復習をしていざという時に動けるようにしておきましょう!

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長

【相模原市・痛み治療に特化した“はしもと接骨院相模原院”交通事故もお任せください。】