今だからこそ免疫力を鍛えよう

こんにちは!小林です

本日は『免疫力』についてです。

皆さま最近風邪は引いていませんか?
また風邪をひいたら治りにくくありませんか?
そんな方は免疫力が低下しているかもしれません。
では免疫力はどのようにしてあげていけばいいのでしょうか?

免疫力の上げ方

【其の一】腸内環境の整備

体の免疫力の大半が腸にあるというくらい腸内環境を整えるのは重要です。

ビフィズス菌や乳酸菌など腸内を整える食品はもちろん、味噌、漬物、納豆などの発酵食品や、トマトやりんごなどのポリフェノール、青魚のEPAなどのn-3系不飽和脂肪酸なども腸内環境には大きく関係してきます。
食生活の乱れが腸内環境を乱す一番の原因となりますので今一度食生活を見直してみてはいかがでしょうか?
コンビニご飯が多い方は要注意です!

ヨーグルト

【其の二】適度な運動

体温が36度を下回る方は代謝が低下しています。体温が1℃下がると免疫力が30~40%低下すると言われています。
体温が低いと体の免疫力も落ちてしまうため筋力をつけるのが免疫力を上げる一番確実な方法ともいえると考えています。
ではどのように鍛えたらいいかですが、鍛える前に必ずストレッチをして体をほぐしてから運動するようにしましょう。
緑の中でストレッチをする女性

軽く汗をかく程度の運動を毎日40分以上する人は寿命が延びるともいわれています。
健康的な身体にはやはり運動は不可欠です

【其の三】ストレス発散!

二番とも通じる部分がありますが、ストレスを溜めないことです。ストレスは自律神経の乱れを引き起こし体のバランスを大きく崩してしまう要因となります。
自律神経が乱れてしまうと、夜寝れない、動悸がする、急に冷や汗をかく、手足が冷たい、足が攣る、身体が硬くなるなどなどさまざまな症状が出てきます。
温泉の湯口

皆さま何かストレス発散する方法はお持ちですか?
人それぞれ発散方法は違うと思いますが何か一つでもストレスを溜めない方法を見つけられるといいですね!

何もない!という方にはまずはお風呂をおすすめいたします。
熱すぎない38~40度くらいの温度で20~30分ほどゆっくりと温まることで身体の中を血液がしっかり循環してくれるので深部体温が上がります。深部体温は自律神経の乱れを抑え、速やかな睡眠へを導いてくれます。
質の良い睡眠が一番身体を健康にしてくれます

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長

【相模原市・痛み治療に特化した“はしもと接骨院相模原院”交通事故もお任せください。】