坐骨神経痛とは・・・?

こんにちは!小林です。

最近冷えてきてみなさんは神経痛がひどく出てきていないでしょうか?

今日は神経痛の中でも有名な「坐骨神経痛」についてお話します!

【坐骨神経痛とは?】

そもそも坐骨神経痛とはどんなものなのかご存知でしょうか?

その名の通り何かしらの原因により坐骨神経を障害してしまい、坐骨神経の通り道にしびれや痛みを伴う神経痛を引き起こしてしまうものを「坐骨神経痛」と呼びます。

坐骨神経は簡単に言うとお尻の筋肉の間を通って足の裏の方へ続いていく神経です。

下まで行くと〔かかと〕や〔すね〕の方まで神経が伸びていき、坐骨神経痛も同じく足の方まで響いてしまうことも多々あります。

【なぜ坐骨神経痛になってしまうのか?】

ではなぜ坐骨神経は障害されてしまうのでしょうか。

当院で考える主な原因としては【筋力低下】【仙腸関節障害】【筋肉の攣り】この3つです。

①筋力低下

この言葉を聞いてドキッとした方は多いと思います。筋力は筋力でもここで言う筋力とは骨盤を支えている筋力のことです。

一般的に『インナーマッスル』と呼ばれる筋肉です。

ここが弱ると姿勢が悪くなり、骨盤がゆがみ、神経を圧迫してしまうことがあります。

②仙腸関節障害

仙腸関節とはお尻のところにある関節のことです。ちょうどこの関節の脇を坐骨神経が通っています。

この仙腸関節はしりもちをついたり、長い間座っていたりすると障害を受けることがあります。また、俊敏な動きをするスポーツなどでも障害されることが多く、この関節からくる坐骨神経痛の方の割合は非常に多くなっています。

若年層から高齢層まで多くの年代でこの仙腸関節性の坐骨神経痛が発症します。

③筋肉の攣り

筋肉は攣ると縮んで太くなる特性があります。

攣り方には二種類あります。よく起こるのが「いててててっ」とつい声を上げてしまうほど痛みを伴う攣り方です。もう一つが、気づかぬうちに徐々に攣っていきそのまま固まってしまう攣り方です。

怖いのが後者の攣り方で、ほとんどの方がこの攣り方を経験しています。

一番一般的なのがいわゆる『肩こり』です。これも肩の筋肉が攣って起こります。

これと同じことが実は骨盤の周りの神経の周りで起こっているのです。知らぬ間に攣り始めた筋肉はいつの日か神経を圧迫し、気づくとシビレが出はじめたり、朝起きたらいきなり痛みが走ったりします。

ぎっくり腰なども同じ原理で発生します。

筋肉の攣りから坐骨神経痛になる方も非常に多く、この場合病院などで原因不明と診断される場合がほとんどです。攣った筋肉は何十年もそのまま固まってしまうこともあるので古傷として残りやすくなります。

【坐骨神経痛の時にしてはいけないことは?】

なってしまった坐骨神経痛を悪化させないために気を付けないといけないことは、

・長時間湯船につからないこと

→湯船のような固いところに長時間座っていると仙腸関節を障害してしまう可能性があります。

・固い椅子に長時間座らないこと

→上記と同じ理由です。座っても5~10分程度にするのがベストです。

・身体をねじるようなストレッチは控えること

→筋肉が攣っていたり、仙腸関節が障害されている時に下手に身体をねじってしまうと悪化する恐れがあります。

・身体を冷やさないこと

→身体の冷えは神経痛を悪化させる要因です。厚着をするなど対策をしましょう。

・階段の下りはゆっくり降りること

→階段の下りは意外と骨盤に負担をかけています。

・家では裸足で歩き回ってはいけないこと

→裸足でぺたぺた歩くときにも骨盤には負担がかかります。痛みのある時はスリッパをはいてなるべく足をするように歩きましょう。

・アルコールを控えること

→アルコールは筋肉の状態を悪化させるので痛みが悪化する恐れがあります。

などが挙げられます。

簡単にまとめると骨盤に負担をかけてはいけないということです。

【坐骨神経痛の施術】

主に当院で行う施術としては下記の通りです。

①ハイボルト

筋肉の攣り、神経の興奮、関節の障害とあらゆるケガの負担を軽減することができる電気療法です。ぎっくり腰、捻挫などの急性のケガから何十年もあるような慢性のケガも対応できます。

その即効性から今ではプロのアスリートにまでこの施術が広まっております。

いろんな病院に行ったけど治らなかったという方から多くの喜びのお声を頂いております。

②立体動態波

神経の興奮を抑える治療です。ハイボルトの効果を持続させより効果を高めてくれます。この電気単体でも非常に効果的です。

③楽トレ

弱ったインナーマッスルを鍛えるための電気療法(EMS)です。30分で9000回ほどお腹の中の筋肉を動かし、寝たままで効率の良い運動を行うことが可能です。この治療で姿勢が変わり、代謝や内臓器の機能も改善して人生が変わる体験をしている方が続出しております。

 

原因のない痛みはありません。

どこに行っても治らないとお悩みの方は一度ご相談ください。

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長

【相模原市・痛み治療に特化した“はしもと接骨院相模原院”交通事故もお任せください。】