外出自粛時に気を付けて【運動編】

こんにちは!小林です

 

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回お話したいのが運動のお話です。

運動不足には要注意

今は外出自粛がいわれている世の中ですが、だからといって家の中でじっとしていては“必ず”後悔する日が来ます。
今日はそんな後悔をしないためのちょっとした豆知識をご紹介します!

筋肉は1年に1%ずつ落ちる⁉

人の身体は1年間で1%ずつ筋力が落ちていくと言われています。

更にその速度は年齢と共に早まっていき、70代になると20代の方の2倍のスピードで落ちていってしまいます。

更に怖いのが30代、40代ではあまり筋力が落ちたことに気づかず、40代後半から50代にかけて一気に実感してくるというのです。

後からドーンと身体が重くなる…

考えただけでも怖いですよね

サルコペニアになってしまう⁉

皆さんサルコペニアという言葉は聞いたことがあるでしょうか?

上記の通り1%ずつ筋力が落ちていったときにある一定の筋力が落ちて“寝たきり状態”の原因になってしまうことを

サルコペニアと呼びます。

そのサルコペニアの基準値というものがあります。

男性 筋肉率27.3%未満
女性 筋肉率22.0%未満

 

平均の筋肉率が下記の通りです

【20代】男性:44%、女性:39%

【30代】男性:37%、女性:37%

【40代】男性:34%、女性:33%

【50代】男性:31%、女性:30%

【60代】男性:29%、女性:26%

【70代】男性:25%、女性:23%

これを参考に自分が今サルコペニアではないからと安心せず、先10年を考えて行動しましょう。

4日寝たきりだと0.2%筋肉率が落ちる

筋肉は年に1%ずつ落ちるお話をしました。

ですが…

4~5日寝込んだだけでもなんと0.2%も落ちるんです!

たった0.2%と思うかもしれませんが、

身体にとって0.2%の筋肉というのは非常にヤバいです

重さで言うと約45gほど減る計算になります。

45gというとなかなかの量です。

 

自粛要請期間である5月6日までを計算すると

今日からだと27日間あります…

計算する前にゾッとした方もいると思いますが

一応計算してみると約304gもの筋力が減る計算になります!!

数字は極端なので参考までにして頂けたらと思いますが、それだけまずいことになります。

怖いと思った方は必ず1日1回は動く時間を作りましょう。

1日40分の運動が身体を救う⁉

身体にかかる運動不足のリスクを上げてきましたが、

最後にお話するのがどのような運動が適しているのかというところです。

1日40分程度の有酸素運動で構いませんので、

歩いたり、軽く走ったり、辛い方は歩くでもいいです。

必ず1日40分は運動をするようにしましょう。

厚生労働省の研究で1日40分以上の運動をする人10~15分の運動をする人

「心筋梗塞」「生活習慣病」「認知症」「脳梗塞」などにかかるリスクが21%ほども低くなることが証明されているそうです。

その時間を目安に運動を心がけましょう。

 

いかがでしょうか。

意外と知らないけど知っていると怖いことがたくさんあったと思います。

外出自粛でニンテンドースイッチがバカ売れし、「どうぶつの森」が大流行中だといいます。

ニンテンドースイッチなんてどこに行っても買えません

確かに楽しいし、それだけやっていれば1日なんてすぐ終わっちゃいますよね。

でもゲームをしている身体はどんどん疲弊していきます。

コロナが去った後の自分の身体も考えて行動したいものです。

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長

【相模原市・痛み治療に特化した“はしもと接骨院相模原院”交通事故もお任せください。】