季節外れの熱中症に注意⁉

こんにちは!小林です

 

コロナウイルス対策で皆さんマスクをしていますよね?

そのマスクが原因で今年は例年よりも熱中症が多発することが懸念されているようです。

なぜマスクをつけていると熱中症になりやすいのか

なぜマスクをつけていると熱中症になりやすいのでしょうか?

理由は簡単。

マスクをしていると息苦しくなり、呼吸が荒くなるためこきゅ回数が増えることで水分が放出されてしまうからなんだそう。

マスクをしていると逆に保湿できそうなイメージがありますがそうでもないみたいです

また記録的暖冬だった昨年の冬のおかげで今年の夏はめちゃめちゃ熱くなるとか…

熱中症を引き起こしやすい今年の夏

暖冬だと、遅れて寒気がやってくるため3月~4月が冷え込むようになります。

そのため、ちょうど今の時期くらいに寒気が去っていく際に今まで来なかった温かい空気が流れ込むように入ってきます。

それにより一気に気温が上がり、寒暖差の激しい暑さになってしまうとか。

今年の夏は要注意です!

特にマスクをしているのでむやみに外せないのも危ないポイントですね。

熱いからマスクをぱたぱたしてしまう方もいるかもしれません。

が、

してはいけません!

これはマスクについたウイルスを吸引してしまう危険性があります。

絶対にしないようにしましょう。

そういった意味ではこの夏こそ外出が危険になってくるかもしれません。

熱中症予防にしなくてはならないこと

  • 適度な水分補給(のどの渇きを感じる前に飲みましょう)
  • 適度な塩分補給(熱中症対策タブレットなどがおすすめ)
  • 長時間日に当たらない
  • 適度に日陰で休む
  • エアコンの風邪にあたり過ぎない(寒暖差を作らない)
  • 日が強い時は日傘を使う
  • 日焼け止めを頻繁に使用する
  • 三食しっかり食べる

このような点に注意して過ごしてみてください!

特に今の時期に気を付けたいこと

特に今週末から5月の頭にかけて寒暖差が激しくなると言われています。

そんな時に気を付けていただきたいのが、

天気予報を見たときに『最高気温よりも最低気温』を意識して服装を選ぶことです!

日中熱いからといって薄着だと午後から急に冷えてきたときに対応できなくなってしまい、

風邪をひく原因となってしまいます。

今の時期免疫を下げることは非常に危険です。

羽織れる服をもって外出しましょう。

まとめ

コロナウイルスに熱中症、ゲリラ豪雨なども見込まれる今年の夏。

非常に厳しい夏になることが予想されます。

しばらく不要不急の外出が叫ばれることでしょう。

これから起こることをしっかり見据えた準備をしていきたいですね。

皆さまお身体にはくれぐれもご注意ください。

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長

【相模原市・痛み治療に特化した“はしもと接骨院相模原院”交通事故もお任せください。】