手指消毒は『石鹸』と『水』が最強?

液体ソープで手を洗っている
こんにちは!小林です

皆さま日々の手洗いうがいはどのように行っているでしょうか。

実は手指消毒に関しては『石鹸』と『水』が最強だと公衆衛生の専門家からも言われています。

ではなぜ最強なのでしょうか?

石鹸と水が最強な理由

世の中には様々な消毒液があります。

今世のなかからはアルコール消毒が不足している言いますが、その中には新型コロナウイルス対策にはならない濃度60%未満のアルコールもたくさんあります。(コロナウイルス対策としてアメリカ基準は60%以上、日本では70%以上のアルコール液が推奨されています)

また、海外だと建物などの除菌に漂白剤などを散布したりしているところもあるようですが、専門家からするとこれも疑問が残るといいます。

漂白剤は金属を腐食するし、吸い込み続ければ呼吸器系の健康問題につながる恐れもあります。また「漂白剤を使う表面に汚れが多く付着していた場合、その汚れが漂白剤と反応し、消毒効果が失われてしまいます」と米ジョージア州立大学の環境衛生学者リサ・カサノバ氏は話しています。

同氏ら専門家は、物の表面を消毒するには、漂白剤ではなく、食器用洗剤のような低刺激性の洗剤を推奨しているのです。

研究をしているソーダ―ソン教授はこう解説しています。

「石けんは、分子がたくさんあるとミセルという分子の集合体を作ります。それがウイルスに触れるとウイルスを取り込んで皮膚から剥がし、ウイルスのRNAを守っている外膜(エンベロープ)を壊し、ウイルスが不活性可するというプロセス」なのだそうです。

だから、石けんには、新型コロナウイルスをはじめ一定の構造を持つウイルスに対しての感染予防効果が高いというわけです。

分子レベルで石鹸がウイルスに打ち勝つということが証明されています。

石鹸自体は液体でも、固形でも問題ないそうなので今一度原点にもどり、石鹸での入念な手洗いをしてみてください!

アルコール消毒だけでなくその前段階として手洗いを石鹸で行うことはウイルス対策にはとても重要です。

手を乾かす時がさらに重要!

では皆さんは手を洗った後どのように手を拭いているでしょうか?

特に外出先のトイレなど誰が使ったか分かりません。

手を洗った状態の手でそのまま蛇口をひねってしまえばまったく意味がなくなってしまいます。

下記項目に注意して乾かすようにしましょう。

・洗った後は使い捨てペーパーで蛇口をしめる(または布でもいいがその後使用しない)

・使い捨てペーパーまたはハンカチ等で手をふく(ハンカチ等の場合シェアはしてはいけません)

・エアドライヤーでしっかり乾かす(周りに人がいる場合拡散の恐れがあるため使用は控えましょう)

・扉などがあった場合も極力触れないように気を付ける(触れた手で顔を触れないようにしましょう)

※もしペーパーがなければ肘や手首を使って蛇口を閉めるよう心がけましょう。

 

WHOの動画もご参考までに張っておきますのでご確認ください。

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長

【相模原市・痛み治療に特化した“はしもと接骨院相模原院”交通事故もお任せください。】