正しいマスクのつけ方

こんにちは!小林です

コロナウイルスによる猛威が治まりませんね…

買占めや、マスク不足など今後更なる混乱が考えられます。

皆さまどうか正しい情報を見極めて、冷静かつ迅速に対応していきましょう。

そんな中、マスクを正しく使用できていない方が意外と多いようです。

マスクは正しく着用しないとほぼ意味がないとも言われています。

正しい着用方法を今一度確かめて確実にコロナウイルスに罹患しないよう努めましょう。

マスクの正しい着用方法

インターネットの意識調査によると感染症に対する予防意識が高い方が全体の85%、そしてその内75%の方がマスクの使用方法を正しく理解できていないということがわかりました。

それではどのような項目に注意して使用したらいいのでしょうか。

①鼻、口、あごを覆うようにマスクを装着する

②鼻の部分を押さえてフィットさせ、隙間がないように装着する

③使用中、口周りを覆うフィルター部分は触らない

④外す際、フィルター部分の表面に触れないようゴムひもを持ってから顔からはずす

⑤マスクを外した後は手を洗う

この5項目が正しいマスクの扱い方になります。

いかがでしょうか?

③以降は約50%ほどの方が出来ていないようです。

皆さまの中にも意外とできていないことも何点かはあるのではないでしょうか。

改めて確認してぜひ実践してみてください。

特にお子様やご高齢者様のいる方はこの使用方法をしないとウイルスを拡散してしまい大事に至る可能性もありますので

くれぐれも注意してご利用ください。

最後に国が出しているマスクの着用方法についてリンクを貼っておきますので確認の上周りの方への拡散をお願いいたします。

出典:政府インターネットテレビ

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長

【相模原市・痛み治療に特化した“はしもと接骨院相模原院”交通事故もお任せください。】