水分補給の重要性

こんにちは!小林です
まだまだ乾燥の続く時期なので
本日は水分補給の重要性についてお話します。

身体の水分とは

人間の体は、

  • 胎児で体重の約90パーセント
  • 新生児で約75パーセント
  • 子どもで約70パーセント
  • 成人では約60~65パーセント
  • 老人では50~55パーセント

が水で満たされているといいます。

水分各世代

体内の水は、大きく細胞内液と細胞外液に分けられ、細胞内に存在する細胞内液は、体内水分の約3分の2を占めています。
一方、残りの3分の1である細胞外液は、体内を循環する血液とリンパ液、細胞と細胞の間に存在する細胞間液に分けられます。
水が不足すると、これらの働きが滞ってしまうのです。
水分補給って大事ですね

また、水は身体の中を掃除してくれる働きもあるため水分不足になってしまうと老廃物質が滞ってしまうため身体全体に悪影響を及ぼします。
水分不足を防ぐため積極的に水分補給を行いましょう。
特に『水』を積極的に飲んでいきましょう!

水分補給で得られる効果

①痩せ体質になる

身体の循環がよくなり老廃物質をためずに排出できるようになるためデトックス効果があがります。
また、白湯などで身体を温めることで代謝も上がり太りにくい体質に変えていくことができます。

②便通改善

水分が不足すると便にも水分がなくなり、宿便となってしまいます。最悪の場合病院に行かなくてはいけない場合も
そうならないためにも普段から十分な量の水分を取ることで便通を改善し、健康な腸を手に入れましょう。

③浮腫み・冷え解消

水分が不足していると、排出を抑えるため尿を出さないように脳からホルモンが分泌されます。その状態で水を飲むことで排出できずに身体に水分が溜まってしまうため体内の水分量が増えてむくんでしまうのです。
また、尿が出にくくなると代謝機能が低下し、冷え症便秘といった症状も引き起こしてしまいます。
たくさん水を飲むことで新陳代謝を高めて発汗作用や利尿作用を活発にさせることが「むくみ・冷え・便秘」といった症状を改善する一番簡単な方法です。

④美容効果

先にも述べたように身体の3分の2の水分が細胞内にあります。皮膚などの細胞内の水分が不足するとしわやたるみが出てきてしまいます。
細胞内の水分は皮膚の表面からだけでは補うことができないのでしっかり水分を内部から取ることが重要とされています。
芸能人の方々も水分はたくさん採られているようです

人間は1カ月間近く水だけでも生きていけるそうですが、水が無くなると2~3日で生命維持は困難となります。
1%の水分損失で喉の渇き、2%で吐き気やめまい、20%の損失で生命の危機に陥ると言われており、水は人の命にとても深くかかわっていることが分かります。
是非皆さん水をたくさん飲んで身体を健康に保っていきましょう!

投稿者プロフィール

小林 翔平
小林 翔平(こばやし しょうへい)
柔道整復師
相模原院 院長

【相模原市・痛み治療に特化した“はしもと接骨院相模原院”交通事故もお任せください。】