立体動態波療法【関節可動域】【自律神経】【消炎鎮痛再生】

はしもと接骨院では立体動態波を活用してさまざまな治療を行っております。

主な利用方法としては、捻挫・打撲・肉離れなどの怪我、関節の腫脹・水腫、骨折治療後に関節可動域制限が出ている個所、筋力低下や筋肉をうまく使えていない箇所、筋肉の深部に硬結(固まった部分)がある場合 柔軟性が低下している筋肉の前後のバランスが悪い場合などの症状へ適応することができます。

当院ではさらにその治療を改良してより幅広く活用しています。

立体動態波とは。

三次元空間にそれぞれが異なった方向に流れる3つの周波によって中周波が重なり合い、その結果生じる動態干渉効果によって生み出される電流を立体動態波と呼びます。
従来届きにくかった深部への刺激を可能にしたことで、トレーニングや鎮痛などに優れた効果を発揮し多彩で効果的な最新治療が、この一台で行うことができます。
筋肉・靭帯・神経に対するリラックス効果、血行促進を働きかけ筋肉トレーニングとしても使える画期的な刺激療法です。はしもと接骨院では主に【関節可動域up】【自律神経調整】【壊れた細胞の回復(消炎再生)】に活用しております。
3D療法(立体動態波)

壊れた細胞の回復促進『3Dmen’s』

極めて微弱な電流を損傷の治癒を促進するマイクロカレント療法を立体動態波で行う世界で初めての治療モード。マイクロカレントを流すと炎症を起こして壊れてしまった細胞が回復し、元に戻ろうとする働きをします。もともと身体は傷ができると傷口周りの細胞に微弱な電気が流れそれが回復を促進させています。マイクロカレントとはその電流に近い微弱な電流を人工的にかけることで回復を促進させる電流です。腫れた膝や捻挫した箇所にこれを行うとその場でわかるほどに腫れが引きます。また筋肉が過緊張状態にある場合でも神経や筋を興奮させない微弱電流で治療するので身体への負担なく治療が行えます。従来のマイクロカレントよりも深い部位の治療が可能です。
3D療法(立体動態波)膝

自律神経治療『3D』

自律神経が興奮していると更年期障害、血圧が高い、パニック障害、うつ症状、精神不安定、急な発汗、長いこと患っている原因不明の痛みや症状などが出てきます。これらの原因である自律神経自体に立体動態波を流すことで興奮を抑えることができます。電気を流している間に落ち着きすぎて寝てしまう方が多くいらっしゃるほど興奮状態にある方はリラックスすることができます。特に当院では交通事故による自律神経の治療に力を入れており、交通事故によるムチウチの方は必ずこの治療を入れるようにしています。それによって後遺症にならない身体にすることができます。後遺症を作らないための治療には欠かせない治療です。
3D療法(立体動態波)腰

お気軽にお問い合わせください。042-707-8644診療時間
月・火・木・金・土11:00~15:00(最終受付 14:20)17:00~23:00(最終受付 22:20)
日曜・水曜休診
「祝日」も通常営業

〒252-0231
神奈川県相模原市中央区相模原7-1-20 JNファミリー2F

お気軽にお問い合わせください。